日本のADM

ADMについて

ADM: Archer-Daniels-Midland Company アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー

私たちADM(エー・ディー・エム)は、成長を続ける世界の栄養と食品の需要に対し、一世紀以上にわたって農場から食卓に向けて製品を供給し続けています。今日、ADMは世界最大の農産物の加工・食品原料メーカーとして、32,000人の従業員と共に世界中の160ヶ国を超える国々で食品、飼料、エネルギーの分野に貢献しています。また、世界中に428の農作物調達拠点、250の加工工場、38のイノベーションセンターがあり、世界規模の輸送ネットワークにより、農場と食卓を結んでおります。

歴史

1902年に、George A. Archer と John W. Danielsは、アマニの粉砕・加工業を始めました。1932年、Archer-Daniels Linseed Company は Midland Linseed Products Company を買収し Archer-Daniels-Midland Company (ADM:アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー)となり、以降、製粉、加工、飼料原料、食品原料、健康・栄養素材の供給を行っております。

日本

エー・ディー・エム・ジャパン株式会社は、日本市場への懸け橋として1978年に東京に設立され、約60名の社員と共にチームとして日本全国のお客様へ製品をお届けするため任務を遂行しております。さらに近年では、2014年にWILD Flavorsを買収することで天然香料製品群を拡充し、日本においては渋谷アプリケーションラボにて最終製品の開発サポートができる体制を整えました。

製品

 原料サプライヤーとして、穀物・油糧・食品原料・香料・果汁・飼料・工業用製品などの販売を行うだけでなく、豊富な原料の品揃えと専門知識を活かし、お客様にとって理想的なソリューションプロバイダーとしてPBやフードサービス向けに最終製品の開発、製造も行っております。

オペレーション

日本の消費者にとっては、食品の質・安全・安心が大切です。
エー・ディー・エム・ジャパンはお客様へ革新的なソリューションをお届けするため、グローバルなネットワークを活かし、世界各国から様々な製品を輸入しております。
また、お客様のあらゆるご要望にお応えできるよう、製品開発のための開発ラボ、食の安全を守るための品質保証部門も有しております。
国内の要所に製品を保管し、常にタイムリーで且つ安全に製品をお届けしております。

Translations